会長メッセージ

嘘はつかない、裏切らない
士魂商才の武士道的経営こそ。

1964年東京オリンピックの年、当社は東京渋谷にて産声をあげました。

当時、潤滑油の専門家として、さまざまな製造現場を回っていた私は、生産設備に対する予防保全の大切さとそのノウハウを身に付け、その技術をより多くの人々のために役立てたいと考えていました。

それまでに私が学んだ仕事の最も大切な基本は、「嘘はつかない、裏切らない」を徹底する事です。売らんかなのために嘘をつかず、データを元にした客観的なご提案、今で言うところのコンサルティングサービスによって、対象機械ごとに最適なメンテナンス方法を、客観的な指標とともにご提案すれば、多くのお客さまは理解してくださいました。

相手を裏切る事なく、誠実に仕事を行ってきたことで、自らの仕事が新しいお客さまを呼び、お客さまの成長とともに私の会社も自然と育っていったのです。

私が独立した頃には、現在の新日本空調サービスグループが行っているような、空調メンテナンスサービスを生業にしている会社は、もちろんまだありません。そのサービスの必要性を実感していた私にとって、それは無限の可能性を感じたサービス・市場であり、その想いは今も変わってはおりません。

「士魂商才」という言葉があります。武士道的経営とも言われますが、それは武士の魂をもって、商人の才能を発揮することを表しています。企業が成長・発展していくために最も大切なのは、人と人との関係を大切にするという仁義道徳であり、誠実さです。

おかげさまをもちまして、設立当初よりお取引させていただいておりますお客さまは、時代とともに成長・発展し、今もなお日本全国各地にて、当社がメンテナンスサービスをご提供しています。その歳月は、2014年で半世紀を迎えました。

これからも、仕事の最も小さな単位である「人と人」のお付き合いを大切に、「嘘はつかない、裏切らない」という気持ちを忘れることなく、社会のために事業を行っていくことを、グループ社員一同、心がけてまいります。

次の半世紀に向けて、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

私たちの使命(Mission statement)
新日本空調サービスグループ
会長 松尾 長生

ページトップ