求職者の皆さまへ


Message
写真:求職者の皆様へ
  • (写真左から)新日本空調サービス大阪
    代表取締役社長 矢野 孝一
  • 新日本空調サービスホールディングス
    代表取締役社長 松尾 宏一
  • 新日本空調サービスグループ
    会長 松尾 長生
  • 新日本空調サービス福岡
    代表取締役社長 松尾龍亮
  • 新日本空調サービス東京
    新日本空調サービス名古屋
    代表取締役社長 松尾 長志

就職をお考えの皆様へ

社員、家族、お客様のすべてが「幸せ」であるために
あなたはこれから就職する会社にどのようなことを求めていますか。仕事のやりがい、高い報酬、充実した福利厚生制度など人それぞれだと思いますが、長期にわたり安心して働くことができる会社であることが、それらすべてのベースになるべきと考えます。

当社もできることなら社員の方々に終身雇用という形で末永く働いていただきたいと常々思っています。そのためには安定した経営基盤と将来に向けた成長力が不可欠です。

そこで当社は、2016年にホールディングス化を行いました。少子高齢化、多様化が進む中、社会の変化にフレキシブルに対応していくとともに、将来的な多角経営も視野に入れた戦略です。多角経営と言ってもまったく未経験の分野に進出するのではなく、これまで50年以上にわたって蓄積してきたノウハウを生かし、その時代その時代の社会が求めるサービスに進化させ、あるいは形を変えて提供していくことが目的です。社歴が長くてもけっして陳腐化はせず、働く方々がいつでも胸を張って「新日本空調サービスの社員」と誇れる会社でありたいと考えています。

もう一つ、長く働いていだだくために古くからこだわってきたのは「大家族主義」です。当社は、社員とそのご家族の生活をしっかり守ることを経営の大前提にしています。特に、退社時間が不規則だったり、深夜勤務があったりと、ご家族の皆様にご心配を掛けることもあるかと思います。そこで会社の「顔」が見えるように、決算パーティーや社員旅行などにはご家族を招いています。経営サイドとしても皆様の笑顔を見ることで、「頑張ろう」という気持ちが一層強くなるからです。

そうした取り組みは、就労環境の向上、業務の強化を通じて、施設のメンテナンスをお任せくださるお客様のビジネスの活性にもつながると信じています。ある意味、社員とそのご家族、お客様までが「幸せ」であることを願って、雇用体制の整備を進めています。

お客様と向かい合い一緒に創り上げていく仕事
当社の業務は、現場に出向いてその日のメンテナンス作業を行うことだけではありません。お客様と打ち合わせしながら、どうすればコストを下げられるか、作業時間を短縮できるかといったプランを一緒に創っていくといった側面があります。その「一緒に創り上げていく」ところが、当社の仕事の要でもあります。もともと無形のサービスですが、やり方を創造し、お客様に喜ばれてスタンダードになれば、一つの形になります。社員にとっても、そこが仕事の一番面白い部分だと思います。

つまり、当社の仕事はけっして設備という「モノ」を相手にするわけではなく、基本は「人」とのつながりであり、提供するものは安心・安全です。しかも、直接やりとりをするお客様だけでなく、その先にいる何千何万人という施設利用者にもつながっていると言えます。日々の作業は地味かもしれませんが、それはお客様の満足度を高めたり、施設を利用する人々の安全・安心を支えていたりするのです。例えばお客様からの「ありがとう」の一言でそのことに気づいた時、大きな喜びとやりがいを感じるはずです。

人と向かい合い、たくさんの人のために働く仕事に大切なものは、誠実さです。知識やスキルはその後に身につければ十分です。誠実さがあれば、時間は掛かるかもしれませんが頑張ったことがいずれ報われる時は必ず訪れます。

現在の当社に長く在籍する社員たちは本当に誠実で、お客様から厚い信頼を頂いています。私はそのことを頼もしく感じ、彼らの熱意に会社として真摯に応えていきたいと思っています。そんな仲間たちの一員になっていだたける方を心からお待ちしています。

株式会社新日本空調サービスホールディングス
代表取締役社長 松尾 宏一