社員インタビュー


Interview
自分で考え動くことで成長力を鍛える
松尾 長
TAKERU MATSUO
新日本空調サービス名古屋
メンテナンス第2グループ(2017年入社)

目に見える作業の成果が大きなやりがいに

現在、大名古屋ビルヂング様にて、加湿器モジュールの取り付け・取り外し、点検作業などを行っています。入社してから日が浅いので任される現場の数は少ないですが、「仕事を覚える」という視点で積極的に作業に携わり、大名古屋ビルヂング様に関しては上司から「お前に任せる」と言われました。そして現在、こちらの現場は自分が仕切っています。

この仕事の楽しさは、1日の作業の成果が見えること。新人の私はまだ空調機の修理などはできないので清掃がメインですが、あらかじめ組んである工程をやりきってその日の仕事を終えると大きな達成感があります。作業に取り組む前はひどく汚れていたところがピカピカになったのを目の当たりにした時は、本当に気持ちいいです。目に見える成果を仕事のやりがいと感じて日々頑張っています。

写真:松尾 長

新人もまずは一人でやってみることが基本

この会社では、上司や先輩がみんな優しく、新人には丁寧に教えてくれます。ただし、何でも教えてくれるかというと決してそうではなく、「考えてやるべきところは自分で考えようね」というスタンス。まずは一人でやってみて、行き詰ったり駄目だったりしたら先輩に教えてもらうという流れです。新人を一社会人として認めて頑張らせてくれる、自分の力で成長していくことを促してくれる、そんな環境と言えます。

また、ベテランのアルバイトさんも少なくないのですが、社員とアルバイトの立場ははっきりさせた上で親身に接してくれたり、仕事を教えてくれたりと、とても心地よい関係です。現場を仕切っている私がお願いすればそれにきちんと応えてくれるし、不満があればフランクに話してくれます。それを受け入れて改善することが、ますます自分の成長につながると感じています。

今後の目標は、2~3年以内に作業を完璧にマスターすること。現場にはリーダー、サブリーダーがいて、その指揮のもとでスタッフが動くという構造ですが、自分もまずはサブリーダーになることを目指して仕事に取り組んでいます。

写真:松尾 長