社員インタビュー


Interview
女性もスキルを生かし夢を持って活躍できる場所
竹内 麻里名
ARINA TAKEUCHI
新日本空調サービス名古屋
営業アシスタント(2017年入社)

会社が回っていくことに貢献できる仕事がしたい

営業アシスタントとして、お客様に対する見積りや作業報告書の作成・提出、事務やメンテナンスのスタッフに対するサポートなどを行っています。

作業報告書を消防署などに提出するためにお客様から「早めに欲しい」とご依頼いただくケースは少なくありません。日中にお届けしなくてはならない時、担当しているスタッフが夜勤のため不在である場合は私が対応します。いまはまだ新人なのでお客様に書類をお渡しするだけで、深く話し込んだりすることはありませんが、ゆくゆくは「こういう悩みがあるんだよね」と気軽にご相談いただけるような関係になることを目指しています。

また、スキルを磨いて資格も取得したいと思っています。自分が仕事をすることで会社が回っていく、そんな貢献の仕方を思い描いています。営業事務に関連したものとして、まずは簿記検定、秘書検定、さらにMOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)の資格を2年以内に取得することが目標です。

写真:竹内 麻里名

出産や育児などにも配慮した働きやすい職場

この会社で働く中で一番感じたのは、女性が働きやすい職場ということです。私の前職はデザイナーで定時に退社できることはほとんどありませんでしたが、今は基本的に残業がありません。産休・育休についても実績があるし、定時は9時から18時までですが出社時間を1時間ないし30分繰り上げることもできます。それも保育園への送り迎えなどが必要な子育て中の社員に配慮してのことです。だから、女性も将来にわたり安心して働くことができると感じています。

また、私が元デザイナーだったということで、パソコンで図面をきれいに作成したり、自社の広告を作成したりすることも手伝ってほしいと上司から言われています。前職とはまったく違う職種なので、もともと持っていたスキルを生かせるとは思いもしませんでした。そのあたりの会社の配慮もすごく嬉しいです。

当グループ初の営業アシスタントである東京の立原さんは、すでにお客様と直接やりとりして活躍されています。私も早く営業アシスタントの仕事をマスターし、これから入社してくる女性社員のお手本になれるよう頑張っていきたいと思っています。

写真:竹内 麻里名